マスクを着けたらニキビやかゆみが!?対処法は?

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス対策で、バレエのレッスンでも現在マスクを着けるスタジオが多い状況かと思います。
マスクは感染対策には必要なものの、「マスクを着けるようになってからニキビ、吹き出物が増えた」「肌の荒れやかゆみが気になる」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。(私もその1人です・・・)

バレリーナの方にとって、お肌のトラブルは気になる問題ですよね。大人の方はもちろん、思春期でホルモンバランスが不安定なお子さんは、なおさらかと思います。

そこで今回は、マスクをすることで起こる肌トラブルの原因、そして対処法についてリサーチしてみました。少しでも皆さまのお肌のお役に立てば幸いです。

マスクによる肌トラブルの原因は?

一見マスクは保湿効果がありそうで、お肌にとってもよさそうなイメージがありますよね。
しかし実際は、ニキビ、かゆみ、かぶれ、乾燥、荒れなどの肌トラブルを引き起こしやすくなるそう。

その原因は、マスクをつけることによる過剰な蒸れ、そして肌との摩擦による、肌のバリア機能の低下です。

もともと肌には、紫外線や細菌などから自身を守るバリア機能が備わっています。
しかしマスクをつけることによって、汗や唾液により過剰に口周りが蒸れ、皮膚がふやけます。皮膚がふやけると、肌を守るバリア(角層など)もはがれやすくなります。
さらに、マスクと肌がこすれ、細かい摩擦が繰り返し起きることにより、バリアはより一層はがれやすくなってしまいます。
そのはがれたバリアの影響で毛穴も詰まりやすくなり、抵抗力が低下した肌がダメージを受けやすい状態になるのです。

また蒸れた肌は、ニキビの原因となるアクネ菌をはじめ、様々な雑菌が繁殖しやすい状態。ダメージを受けやすい肌に菌が繁殖して、ニキビや吹き出物もできやすくなります。

バレエのレッスンでは汗をたくさんかくため、通常よりもさらにマスクの中が蒸れやすく、肌のダメージも一層受けやすい状態になります。

マスク着用時の肌対策

では、このようなマスク着用による肌トラブルを軽減するにはどうしたらよいでしょうか。
手軽にできる対策をまとめてみました。

1.肌に優しい素材のマスクをつける

皮膚との摩擦がなるべく少なく済むよう、マスクは肌にやさしい素材を選びましょう。
おすすめは綿(コットン)100%のガーゼ素材です。

ガーゼマスクは繰り返し洗って使用できますし、今はおしゃれな柄のものがネットショップでも沢山出ています。
手芸店や100円ショップなどでダブル(二重)ガーゼ、マスク用ゴムを購入して、手作りする方も多いようですね。我が家も、敏感肌の子供用にガーゼマスクを手作りしましたが、不織布タイプよりもゴワゴワしないと好評です。おすすめですよ!

綿のマスクに抵抗があり、不織布タイプなどを使用されているという方は、マスクの間に1枚ガーゼを挟むだけでも肌への負担がだいぶ違うそうです。ぜひお試しください。

マスクとの間に挟むアイテムとして、マスクプラケットやスペーサーも人気が出てきているようですね。呼吸のしやすさに加え、口周りに空間ができることによる雑菌の増殖予防も期待できそうです。

2.不必要にマスクを着け外ししたり動かさない

ついつい癖で、マスクをいじったり、ちょこちょこ着け外ししたり、マスクの中で口をもごもごさせたり・・・という方もいらっしゃるかと思います。
しかしこのような小さな動きでも、肌との間に軽い摩擦が起きてしまいます。積もり積もってお肌へのダメージとなってしまうので、できるだけ控えるように心がけましょう。

マスクがずれやすい場合は、自分にぴったりフィットするサイズのものに変えたり、紐の長さを適度に調整しましょう。ずれを直す度に発生する、肌との摩擦を減らすことができます。

また、屋外では人が近くにいない場合にマスクを外すなど、出来る範囲でマスクを着ける時間を減らし(熱中症予防のためにも)、肌への負担が少なくなるようにしましょう。

3.保湿をしっかり

肌のバリア機能の低下を防ぐためにも、マスクをつけていても保湿はしっかりと行いましょう。
保湿剤は軟膏系、クリーム系、ローション系などさまざまなものがありますが、自分の肌に合ったものを。

マスクが肌に当たりやすい部分は、摩擦も大きいため、特に入念に保湿しましょう。
また、汗といっしょに化粧水などの保湿剤も一緒に落ちやすいので、バレエレッスンの休憩中汗をふきとった後にも、軽く保湿することを心がけるとよいかもしれませんね。

4.帰宅したら洗顔&保湿

バレエレッスン後、帰宅したらなるべく早めに洗顔をしましょう。
長時間のマスク着用でついた汗、雑菌、毛穴に詰まった皮脂を洗い落とすことで、ニキビや吹き出物の予防にもつながります。

洗顔は出来るだけぬるま湯で、洗顔ネットなどでたっぷり泡立ててからやさしく洗います。
洗顔料が肌に残らないよう、しっかりと洗い流しましょう。最後に保湿も忘れずに。

気をつけてもニキビができてしまったら

お肌のトラブルの中でも、特に目立ってしまうニキビや吹き出物。
先程ご紹介したマスク対策、そして規則正しい生活や食事などに気をつけても、やはりポツポツ出来てしまうことはあるかと思います。

ニキビの市販薬は以下のようなものが人気のようですので、参考になさってみてくださいね。

Amazon ニキビ治療薬 売れ筋ランキングより(2020年8月現在)

1位

2位

3位

それでも繰り返してしまったり、悪化してしまったニキビは、皮膚科を受診するという選択肢も。

実はニキビの治療は、基本的には保険が適用となります。(ケミカルピーリングやレーザーなど、保険適用外の治療もあります)
診断に加え、塗り薬や飲み薬も処方されますので、市販薬がお肌に合わなかったり効果が出ない場合などは、信頼できる皮膚科に相談してみましょう。

「わざわざニキビで皮膚科に行くのも・・・」と、行くべきか迷う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、日々ニキビについて悩んだり、顔に跡が残ることで、バレエをはじめ日々のモチベーションにも影響が出ることも。お悩みの場合は、ぜひ受診されてみることをおすすめします。


タイトルとURLをコピーしました