花粉症!! レッスンで気をつけること・治療法・対策は?

バレエ全般

今年も、花粉症(スギやヒノキ)の方には悩ましい季節がやってきました。
敏感な方はもうすでに、目のかゆみやくしゃみなどの症状が出始めているのではないでしょうか。

私も花粉症なんですが、今月中頃から目がむずがゆい・・・!これからのピークの時期を考えると、憂鬱になってしまいます。(秋は秋で、ブタクサの花粉で辛いんですけどね・・・)

ウェザーニューズによると、2021年春の花粉飛散量は、全国平均では平年より少ないものの、昨年よりは多いとの予測が。
また、今年は新型コロナウイルス感染対策で、換気をこまめに行うことが多いため、花粉も窓から入り込みやすくなっています。
バレエスのレッスンでも、症状の度合いによっては、ティッシュを手放せない方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、バレエのレッスンの際に花粉症で気をつけることや、最新の花粉症治療・対策情報についてまとめました。よろしければ参考になさってみてくださいね。

レッスン中の鼻水・目のかゆみ

花粉症の鼻水・目のかゆみ

「花粉症で鼻水が止まらない!」という方の中には、レッスンに箱ティッシュを持参することもあるのではないでしょうか。
通常であれば、鼻をかんだ後のそのティッシュはゴミ箱に・・・となるのですが、現在は新型コロナウイルス感染対策のため、ゴミ箱を設置していなかったり、ゴミは各自持ち帰りというルールを設けているスタジオが多いようです。

そのため、ゴミ箱が設置されているスタジオであっても、使用したティッシュは持参したビニール袋などに入れて密封し、持ち帰るようにするとよいでしょう。
その都度、鼻をかむたびにビニール袋を開けて使用済みティッシュを入れて・・・というのが面倒な場合は、ビニール袋の代わりにチャック付きのジップロックなどを利用するのもよいかもしれませんね。

そして、鼻をかんだ後の手は感染予防のため、レッスンバー等を触る前にスプレーなどで消毒するよう心がけましょう。

また、花粉症で目がかゆくて、ついついレッスン中にも手が目にいってしまう・・・という方も多いかと思います。
こちらも例年であれば普通に目をかいてしまうところですが、新型コロナウイルスが流行している今は注意が必要です。
というのも、新型コロナウイルスは、目の粘膜である結膜からも感染する可能性がある、と言われているからです。

そのため、できるだけレッスン中は目をかかずに済むよう、アレルギー点眼薬等を病院で処方してもらうことをおすすめします。
また、どうしてもレッスン中に目をかきたい時は直接手で触るのではなく、ティッシュを使ってやさしくこするようにしましょう。

レッスン中のくしゃみ・咳

花粉症のくしゃみ・咳

今年は新型コロナウイルス感染対策により、多くのスタジオでは、レッスン中もマスクを着用することになっています。
しかしマスクによって花粉症の症状は軽減されるものの、やはりそれでもくしゃみを連発したり、症状が重い方によっては咳も出てしまうと思います。

普段であれば「花粉症で大変なんだよね」のように話ができるのですが、コロナ渦の今、度重なるくしゃみや咳は周りの人にも誤解を受けてしまいがちです。
また、新型コロナウイルスで無症状の方の場合、花粉症の咳やくしゃみで他の方に感染させてしまう恐れも。

花粉の飛散量も少なく、症状が重くない時期であれば、くしゃみや咳をする時にタオルで口を抑えるなど、できるだけ飛散対策を行いましょう。
またこちらのように、自分が花粉症だと周囲の方に理解してもらうため、マスクに貼る「花粉症です」シールも人気のようですね。

薬を服用しても花粉症の症状が重い時期は、無理をせずにレッスンをお休みや振替えにしたり、オンラインレッスンを行っているスタジオであればオンラインレッスンに切り替えてレッスンを受講されることをおすすめします。

花粉症に期待の新薬&対策

花粉症に期待の対策

花粉症の重い症状でお悩みの方は既にご存知かもしれませんが、昨年から重症のスギ花粉症患者に、「ゾレア(オマリズマブ)」という新薬が治療に使えるようになりました。

ゾレアは世界初の花粉症抗体医薬で、抗ヒスタミン薬などを内服してもなかなか症状がおさまりにくい、または眠気などの副作用が強く悩んでいる方におすすめの治療法と言われています。

皮下注射の治療となり、治療を開始するまでにはいくつかの手順や条件(12歳以上が対象など)が必要となってきます。
興味のある方は、お近くの耳鼻咽喉科やアレルギー科の病院で相談してみてくださいね。

ゾレア 季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)でお悩みの患者さまとご家族の方へ:ノバルティスファーマ
本サイトは、ノバルティスファーマ株式会社...

また、腸内環境を整える「フラクトオリゴ糖」や「ビタミンD」なども、花粉症の症状を和らげると言われ、近年注目が高まっているようです。
腸の働きが良くなると、便秘や肌荒れなどに良いと聞きますが、花粉症も改善するなんて驚きですね!

フラクトオリゴ糖に関する人気書籍はこちら↓

ビタミンDに関する人気書籍はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました