子供も一緒に楽しめる!おすすめのバレエ映画4選

お子さま向け

先日、新型コロナウイルス感染拡大により、緊急事態宣言が延長となりました。自宅で過ごす時間が増えている方も多いのではないかと思います。
今回は、自宅にいても大人から子供まで楽しめる、おすすめのバレエ映画をご紹介していきます。
バレエの経験がない方でも十分に楽しめる映画をピックアップしましたので、動画配信サービスやレンタルなどで、ぜひご覧になってみてくださいね。

1.フェリシーと夢のトウシューズ

舞台は19世紀末のパリ。施設で暮らす、踊ることが大好きなフェリシーという少女が、パリ・オペラ座のバレリーナを目指していく物語です。
振り付けは、パリ・オペラ座バレエ団芸術監督であるオーレリー・デュポンさん、そしてエトワールのジェレミー・ベランガールさんが担当しており、話題になりました。

驚かされるのが、彼女の行動力とバレエへの情熱。思わず「がんばれ!」と応援してしまうシーンが多々あります。
また、ハラハラするようなアクションシーンも多く、お子さんも飽きることなく最後まで楽しめる内容となっています。

AmazonプライムU-NEXT‎では、今なら無料で観ることもできるようですのでぜひチェックしてみてくださいね。

2.リトル・ダンサー

「何度観ても感動する」と、レビュー評価がとても高い、男の子が主人公のバレエ映画です。

11歳の少年ビリーが、音楽に合わせて踊るバレエの楽しさに強く心を惹かれ、お父さんに内緒でバレエを習い始める物語。
ビリーのバレエへのひたむきな気持ちはもちろん、最初は反対していたお父さんやお兄さんの気持ちが徐々に変わっていくところも見どころです。

この映画を元にしてつくられたミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」もありますので、映画が気に入った方はぜひチェックしてみてくださいね。

3.くるみ割り人形と秘密の王国

チャイコフスキーの三大バレエ作品のひとつ「くるみ割り人形」を、ディズニーが映画化。
バレエシーンは少な目ではありますが、お話や映像の美しさに引き込まれます。お子さんにもぜひおすすめしたい作品です。

4.バービーの白鳥の湖

こちらは小さな女の子向けですが、「バービーやプリンセスが大好き!」というお子さんにはぜひおすすめしたい作品です。
バレエ作品で有名な「白鳥の湖」のお話をベースにしており、バービーが白鳥のプリンセス「オデット」となって踊ります。
実はダンスのシーンも、ニューヨークシティバレエ団員の実際のダンスをCGアニメ化した本格的なものだそう。
キラキラ踊るオデットのバービーを観て、踊ることの楽しさ・魅力を感じるきっかけになるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました