きっとお気に入りになる、子供におすすめのバレエ絵本5選

エンタメ

前回のおすすめバレエ雑誌に続き、今回はお子さま向けのバレエの絵本をご紹介。
バレエを習っている、またはこれから習わせたいお子さんはもちろん、キラキラしたものが大好きな女の子には読んでもらいたい絵本ばかりです!
これからバレエをはじめるお子さんへのプレゼント・ギフトとしても、ぜひおすすめです。

バレエがきっと好きになる!「おかしのくにのバレリーナ」

[犬飼由美恵 著・まるやまあやこ 絵 / 教育画劇]

女の子が、劇場に「くるみ割り人形」のバレエを観に行くお話です。
一生懸命おめかしをして出かける姿が、とにかくかわいい!
舞台の幕が上がるシーンは、思わず女の子と一緒にドキドキしてしまいます。
そして待ちに待った舞台で、金平糖の精やお菓子の妖精たちが踊るのをキラキラした目で見つめる女の子。

お子さんも、主人公の女の子の気持ちになって、素敵なバレエの世界に入り込んでいける絵本です。

親子でかわいさにハマる!「あこがれのチュチュ」

[カトウシンジ 著/出版ワークス]

人気雑貨デザイナーのカトウシンジさんが描く、とにかくかわいいバレエの絵本です。
この方の絵本「あかずきんちゃん」もユーモアたっぷりで大好きなんですが、こちらの「あこがれのチュチュ」もかなりいい雰囲気!

バレリーナに憧れる「まるか」と猫の「おはぎ」が、お姉ちゃんのバレエの発表会に一緒に出たいと、お姉ちゃんを追いかけていきます。猫のおはぎも、チュチュを着ていて(着させられて?)とってもキュート。
するとその先には、コッペリア、白鳥、くるみ割り人形が踊る不思議な場所がありました。

絵本には、実際の舞台のような観音開きの仕掛けもあり、お子さんが楽しんで読めるように工夫されています。
子供も大人も、きっとお気に入りになる絵本だと思います。

プリンセス大好きなお子さんに「シンデレラの バレエレッスン」

[講談社]

リーズナブルなのにクオリティが高い、ディズニーゴールド絵本シリーズの中でもおすすめの1冊です。

シンデレラが王子様と結ばれ、お城で暮らしはじめてからのお話です。
お城にいらっしゃるお客様をバレエでおもてなしするために、シンデレラが、こっそりバレエのレッスンをはじめるという物語。

シンデレラのバレエシーンがたくさん盛り込まれた絵本なので、プリンセスが大好きなお子さんや、シンデレラの意外な一面を見たい方には、ぜひおすすめしたい絵本です。

バレエをはじめたお子さんに「ティアラちゃん」シリーズ

[しめのゆき 著・小野恵理 絵 / 新書館]

先程までご紹介した絵本よりも文字が多めで、少しお姉さん向けです。
バレエの用語集もついていて、バレエを習い始めた、または習っているお子さんにはぜひおすすめの絵本です。

バレエが大好きで、いつもレッスンをがんばっているウサギのティアラちゃん。
でも、お友達の方が先にトゥーシューズを履きはじめたり、ライバルのことで悩んだり、レッスンに夢中になると学校のお友達に「わたしたちより、バレエのほうがたいせつなのね」と言われてしまったり・・・。

いろんな動物も出てくるかわいらしい絵本なんですが、バレエを習い始めると突き当たりやすい問題にもしっかり触れているので、バレエを習っているお子さんの共感度はとても高いのではないかと思います。

ティアラちゃんやバレエが好きなお子さんは、バレエの用語や基礎をティアラちゃんたちと学べる「ティアラといっしょ!やさしいバレエ」もぜひ読んでみてくださいね。

バレエ作品のストーリーがわかる「ひとりよみ名作 バレエものがたり」

クラシックバレエで役柄を演じる場合、それぞれのバレエの物語を知ることがとても重要になってきます。
その役柄の気持ちを理解しようとすることで、踊りの表現力も大きく変わってくるからです。

この本では、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「コッペリア」「ドン・キ・ホーテ」「ラ・シルフィード」「リーズの結婚」、という7つの有名なクラシックバレエ作品を一通り読むことができるので、バレエの物語を知るのにぜひおすすめしたい1冊です。
フルカラーで素敵な挿絵ばかりなので、飽きずに楽しく読むことができます。

小さなお子さんには大人の方が一緒に読み聞かせて楽しめますし、ひらがなで書かれているので小学生以上のお子さんなら1人でも読むことができる内容となっています。

タイトルとURLをコピーしました